ATMega88 と ATMega328p-pu 工場出荷時のヒューズビットを確認


タイトルのまんまです。メモ用。タイトル画像(容量大)

Arduino Uno R3 に ArduinoISP のスケッチを描き込んで AVR ライタとして動作させた時に avrdude で確認してみました。
回路は Using an Arduino as an AVR ISP (In-System Programmer) [acruino.cc]
手元にあった ATMega88 と ATMega328p-pu の二つを確認しました。
データシートを確認すると以下の配置が同じだったので差し替えるだけで OK でした。

pin1 RESET
pin19 SCK
pin18 MISO
pin17 MOSI

 

ATMega88 の場合

~/bisland ❯❯❯ avrdude -c avrisp -P /dev/cu.usb* -b19200 -p m88 -t

avrdude: AVR device initialized and ready to accept instructions

Reading | ################################################## | 100% 0.02s

avrdude: Device signature = 0x1e930a
avrdude> quit
>>> quit 

avrdude: safemode: Fuses OK (E:01, H:DF, L:62)

avrdude done.  Thank you.

 

ATMega328p-pu の場合

~/bisland ❯❯❯ avrdude -c avrisp -P /dev/cu.usb* -b19200 -p m328p -t

avrdude: AVR device initialized and ready to accept instructions

Reading | ################################################## | 100% 0.02s

avrdude: Device signature = 0x1e950f
avrdude> quit
>>> quit 

avrdude: safemode: Fuses OK (E:07, H:D9, L:62)

avrdude done.  Thank you.

 

やっぱり毎回、回路組むのめんどくさいので、
ライタのスケッチを焼いて全部基板にのっけた専用ライタを作ろう。
互換品だとシリアル変換チップが違うらしいけど情報出てくるので多分大丈夫だろう
Hello eBay.com!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。